ドイツビールフェスタが姫路で開催されます

今年で2年目を迎える「姫路オクトーバーフェスト」のご紹介です。本日7/12(土)から7/21(月)まで毎日開催されるこのイベントは、去年同様多くの人でにぎわうこととなりそうです。会場の写真を少しだけ撮って来たのでご紹介します。

ドイツでは、約5,000種類ものビールが製造されていること、みなさんご存知でしたか?
ドイツ全国に1,274のビール醸造所があり(2005年現在)、各醸造所が数種類のビールを製造しています。
1,274のビール醸造所のうち、約半数が南ドイツ・バイエルン州に存在します。バイエルンオリジナルのビールがあり、他の地域より大きいビアグラスを使うことや、あの有名なビール祭り「オクトーバーフェスト」が開催されることなどから、バイエルンには独自のビール文化が根付いていることが分かります。

参考)http://oktfest.jp.net/oktoberfest.html

姫路オクトーバーフェストのサイトを訪れるとこのような文章がありました。
ビール言えば、ドイツだと多くの日本人が知っていますが、まさかここまでだとはなかなか想像できません。
日本にも多くのビール好きがいますが、さすがに絶対数ではドイツに負けてしまうかもしれませんね。

140712-008

会場を訪れたのは、ついさっき。
当日の12:00頃だったので、開会直後です。
まだまだ人は多いとは言えませんが、たしかに昼からビールをがぶ飲みする方は少ないでしょうし、本番は夕方以降といったところでしょうか。
この写真はお馴染みの看板。
ドイツの美少女に目が釘付けになってしまいます。
このポスターはこのところ本当に良く見かけます。電車の中吊り広告や、姫路の町の中の至る所に貼られています。

140712-007

ビールの種類も豊富です。
7社にドイツビールメーカーから色々な種類のビールが販売されており、見たことのないものばかりでした。
また、ドイツと言えばやはりソーセージですよね。ソーセージにもたくさんの種類がありました。

140712-002

ステージでは、夜の為にリハーサルが行われていました。
演奏しているのは「オーバーモーザー・クインテット楽団」という方々です。

オーバーモーザー・クインテット楽団はミュンヘンから約150km南東に位置するボンネベルグを拠点にドイツ民族音楽を始め、ロック、ジャズ、ポップ等々幅広いレパートリーでドイツ国内はもとよりヨーロッパ各地で活躍する楽団です。

とのことです。世界をまたにかけて活躍する楽団だということでした。
そんな方達の演奏を聴きながら外で楽しくドイツビールを飲む。最高のフェスティバルですね。

140712-003

このように、メーカー各社ごとのブースに分かれています。
まず最初にビール代と一緒にビアグラスのデポジット(保証金)1,000円を支払い、2杯目以降はビール代のみ支払います。
そして帰り際に空いたグラスを返却して、デポジットの1,000円を返してもらうシステムだとのこと。

140712-004

席数もかなり多く用意されていて、 夜になるとこの椅子が全て埋まるのかと思うと胸が熱くなります。
圧倒されそうですね。

140712-005

ビールだけでなく、ドイツワインを飲めるブースも用意されていました。
ワイン党の方にも楽しめるようになっています。

140712-006

姫路の名物「姫路おでん」の販売もしていました。
ショウガ醤油で食べるおでんということで、「和」という感じですが、果たしてドイツビールとの相性は合うのでしょうか?
是非一度試してみたいものです。

oktoberfest

「姫路オクトーバーフェスト」は7/21(月)まで開催しています。
ビールが大好きなみなさん、ぜひ大手前公園へ足を運んでみてください。

ちなみに、夢織館で販売中の自慢のビール「武将ビール」。
武将のラベルと6種類のフレーバーが魅力の一品です。
ただいまオンラインショップでも販売中です。是非一度ご覧下さい。

bb_top


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>